21世紀の美術 タグチ・アートコレクション展 / 平塚市美術館


「21世紀の美術 タグチ・アートコレクション展 アンディ・ウォーホルから奈良美智まで」と題された美術展に足を運んだ。

平塚市美術館、辺り一帯は行政施設が集約されている様だ。

 

 


まずはユニコーンがお出迎え。これは常設なのだろうか。

 

 

企画展の入口には大きな作品が展示されていた。

 

この絵が最も印象に残った。

 

 

 

出口にはこんな作品も。

 

 

 

中庭の作品にも惹かれました。

 

 

岡村桂三郎展

大きな木を用いたアートでしたが、こちらの企画展にはあまり興味を持てませんでした。

 

 

館内に配された彫刻にも趣あり。

 

良い展示でしたが、受付などの雰囲気が美術館というよりも、複合施設といった感じで、なんとなく落ちつかない印象を受けました。

21世紀の美術は面白かったのですが、もっと良くなりそうな、ちょっと勿体ない美術館です。