Tag Archives: 映画三行コメント

【映画三行コメント】ジュラシック・ワールド 炎の王国

予想通り、「炎の王国」ってサブタイトルはあまり関係ない物語でした。

いつも通りなんですけど、しっかり楽しめました。

IMAX 3D思わず足を引っ込めてしまうシーンなど有り、迫力満点です。

9点

上の写真は、ハン・ソロを見たときの劇場で撮影したものです。

【映画三行コメント】サード・パーソン

リーアム・ニーソン演じる作家が主人公のドラマ。

子どもを失うという出来事と、映画タイトルが示すニュアンスがなかなか深い。

すてきな映画でした。

9点

【映画三行コメント】マイ・サマー・オブ・ラブ

エミリー・ブラントとナタリー・プレス主演の傑作青春映画。

DVDが一時期1万円を超えていて手が出ませんでしたが、たまたま安く販売されていたので、ようやく購入しました。

瑞々しいです。

10点

【映画三行コメント】裏窓の女 -甘い嘘-

ジャン=ユーグ・アングラード主演のフランス映画。

フランス映画に良くある、「えっそこ!?」と感じるような意識の流れに物語ものみこまれ、フランス映画好きで無い方には何のことやらといった感じかも知れません。

フランス風サスペンスエンターテイメント。

7点

クロチルド・クロー素敵ですね。

 

 

ケース裏面に色々書いてあります。読んでから見るのも面白いかも知れません。

【映画三行コメント】ハンガー

スティーヴ・マックイーン監督による北アイルランド紛争における政治犯が英国でどの様に処遇されていたかを知る社会派作品。

セリフのないほぼ無音の場面が目だつなど、映像や描写にもこだわりが感じられる。

良い。しかしグロい。血じゃなくてグロい。だからもう見ることは無いと思う。


監督。勿論あのスティーヴ・マックイーンではない。

【映画三行コメント】愛のめぐりあい

ミケランジェロ・アントニオーニとヴィム・ヴェンダースか、なんと素敵な組み合わせ。

音楽と女性がとても魅力的。

休日の朝が、気持ちよく過ごせました。

8点

親を12回刺した女はソフィー・マルソー

【映画三行コメント】ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・ タートルズ

3D Blu-ray ソフトを見るのが好きですが、今作はさすがに題材がなぁと思いつつあなどりながら視聴。

すごい!かなりハイレベルの3D。

雪山のアクションシーンは、いまだに圧倒的一位の座を譲らないアバターに次ぐと言っても良いレベルでした。

 

凄いのはこのシーン!

そしてこのシーンも!

ラスボス。

【映画三行コメント】オリエント急行殺人事件

 

豪華キャストですが、これだけ沢山出ると魅力が発揮できない方も多いですね。

オープニングのシーンなんてなかなかドキドキしましたが、中盤で眠けが。

ミシェル・ファイファーにとっては代表作かも。

7点

 

 

ミシェル・ファイファー。私にとってはキャット・ウーマンですが、過去もっとも主演女優然とした映画のように感じました。

 

残念なペネロペ、良いシーン無し。

 

良いけれど、ナイルに続くほどなのか?

 

ジョニー・デップも必然性は感じられず。

 

ウィレム・デフォーは短い時間ながら存在感を発揮。撮り方にもこだわりが感じられました。

 

”M” ファーストシーンは良かったです。

【映画三行コメント】ブレードランナー2049

すてきな映画でした。

前作ブレードランナーを超えています。

これもブレードランナーがあったおかげ。

10点

 

 

汚れたグリーンのコートもまた格好良い

 

 

よいシーンです。葬ったものは…

 

プジョーなんですね

 

意味の深いキャラクターでした

 

 

デッカード登場

 

こんなシーンもあり

 

ウォレス社 社長

 

この人がらみのシーン、とても素敵でした。

 

 

最後に、3D視聴おすすめです。

IMAXではポスターをいただけました。

 

 

 

 

【映画三行コメント】 猿の惑星 聖戦記

リブート版一作目の創世紀がとても面白く、二作目がイマイチと感じていたのですが、今作は評判が良さそうだったので劇場に足を運びました。しかも前二作を予習してから。

素晴らしい作品でした。内容は少し予想と違っていて、猿たちが安住の地に辿りつくまでが描かれていました。

旧5部作への繋がりも意識した丁寧なつくりに好感が持てました。

10点

 

ほとんど西部劇っていう感じ。

シーザーの動きも素晴らしい。アンディー・サーキスは最初のアカデミー主演モーションキャプチャー俳優になりそうですね。

 

敵役

 

たたかう人間達

 

話すことの出来ない少女

 

猿との交流の場面は一時、新しい時代を予感させる

 

新キャラクター。登場時の音楽も愛嬌あり。