Tag Archives: 美術館

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

国立西洋美術館で、プラド美術館展を見た。

学芸員課程を専攻していたときに、西洋美術の講義をよく取っていたので、このあたりは随分見ているのだが、さすがにプラド美術館展となると大作揃いだった。

写真撮影できるところは残念ながら無かったので、ベラスケスが好きな方、是非足を運んでみてください。

 

 

 

 

さて、企画展の話はこれくらいにしておいて、

西洋美術館は、常設展がいつも素晴らしい!

昔はよく常設展だけ見に来ていた。

今回は、新規収蔵作品が随分多く、また見ごたえがあった。

しかも、撮影はダメと書いてある作品以外はすべて撮影可能!

 

マネのモデルでお馴染みベルト・モリゾの新規収蔵作品。

 

小部屋でミロやカンディンスキーのミニ企画展が開催されていた。

この小部屋の規格はいつも素晴らしい。

 

 

出口付近には比較的時代の若い作家のコーナーが、ここが一番のお気に入り。

充実した一時を過ごすことが出来ました。

大したことの無い美術館の企画展にわざわざ出掛けるくらいなら、西洋美術館の常設展を見た方がよほど良い。
一般わずか500円。

 

 

プーシキン美術館展 ー旅するフランス風景画

なかなかの作品揃い。

ポスターなどではモネの「草上の昼食」がピックアップされている。

マネの影響を受けたこの作品も素晴らしいがアンリ・ルソーの「馬を襲うジャガー」のインパクトが強かった。

出口付近は、この作品一色。

ビュールレ 至上の印象派展

会場にコレクターのつとめは、そのコレクションからなにかが感じられること、みたいなビュールレからのメッセージがあった。

日本人だとセゾングループの堤義明を思い出した。

彼らは企業美術館の入口に胸像を飾るような目的で作品を収集していたのではないと思う。

ビュールレのコレクションは色彩にあふれていた。

モネも。

確かにイレーヌは偉大な作品だと思うけれど、この作品展の主役はマネやモネだった。

ドガの彫刻も忘れられない。

マグナム 創設の原点 / FUJIFILM SQUARE

FUJIFILM SQUAREで開催された展覧会「マグナム 創設の原点」に足を運んだのは、六本木駅で偶然広告を見つけたからだった。

ロバート・キャパ、ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビッド・シーモアらが創設した写真家集団「マグナム派」の本質に迫る良い展示だった。

撮影可能なエリアが殆どないため、ここでは紹介することができないが、インターネットなど検索していただくと、きっとどこかで見たことがある様な写真を目にする事が出来るのではないだろうか。

安藤忠雄展 挑戦 / 国立新美術館

少し前の話になるが、国立新美術館で開催中の安藤忠雄展に出掛けた。

最近出掛けた展覧会の中で、最もクオリティが高い展覧会だった。

手間もお金もかなりかかっている。

代表作である「光の教会」を会場内に作ってしまうなど、ちょっと考えられない内容だ。
すばらしい。

ここまでくると開館10周年という節目に国がカネに糸目をつけず開催した展覧会だという印象を持ってしまいそうになるが、例えば展示素材の作成や取りまとめの緻密さや、図録すべてに安藤忠雄氏本人の直筆イラストが付属する点など思いの丈もたっぷり詰まっていた。

「人間がひと手間掛けることで、自然の魅力をより一層伝わりやすくする」安藤氏が一貫してこだわってきた建築に掛ける思いが良く伝わる非常に良い展覧会だった。

これから紹介された建築に足を運んでみたいと思う。

島全体が氏の建築といった佇まいの直島はジオラマまでありました。

ヴォルス――路上から宇宙へ/DIC川村記念美術館

庭園が素敵な美術館。

やっぱり企業美術館はすごいなぁ。

インスタグラムでご覧ください。

ヴォルスを見に来たのですが、ロスコの部屋がありました。圧巻!

お目当てのヴォスコもなかなかでした。

パウル・クレーをかなり細かくしたような版画など良いですね。
写真から油彩まで幅広く手掛けた芸術家です。

マックス・エルンストと同時代なんですね。

そうかもしれませんね。

サイトはこちら

ソール・ライター展

構図のがとても絵画的で、ピントの合わせ方も絶妙。

一枚毎に感動があります。

撮さないこと、捨てることの大切さに気づかされました。

bunkamura  ザ・ミュージアム



横尾忠則 HANGA JUNGLE 町田市立国際版画美術館

なんという迫力でしょう。
これまで極彩色に彩られた印象ばかり強かったのですが、構図やデザインも素晴らしいものでした。
天才だなぁ。