Tag Archives: dryblues

【音楽図鑑】The Cheserasera “dry blues tour”   下北沢CLUB Que

最近よく邦楽のアーティストを聴いている。

それもかなり若い世代のミュージシャンたちを。

CDが売れなくなって久しいという昨今、国内ではかえって多様な音楽を耳にしやすくなった様な気がする。

商業的には苦戦をしているようだけれど、よい音楽をやっていればきっといつか報われるだろう。

彼らもそんなバンドのひとつ。精一杯応援したいバンドだ。

最新作「dry blues」 は素晴らしいアルバムだ。

国内アーティストで、1アーティスト1アルバムという条件をつけたら、このアルバムは私の中で過去のトップ50に入る。

しかもこのアルバムを聴くことで、彼らの過去のアルバムをよりいっそう評価することができるようになる。

どうしてこのアルバムが売れないのだろう。にわかには信じがたいレベルの傑作だ。

 

 

ワンマンのライブも素晴らしいものだった。

ファーストフルアルバム「WHATEVER WILL BE、WILL BE」収録の 「No.8」!
以前から演奏されている曲のせいか、さすがに演奏がこなれている。
思わず声が出た。

 

「カサブランカの花束」では素晴らしいドラムを聴くことが出来た。日本人ドラマーを格好いいと思ったのは本当に久し振りのことだ。

 

 

バンドで武道館に連れて行くと語っていた昔の仲間のことを歌う「Blues Driver」。曲前のMCもなかなかに胸が熱くなった。

ああ、どうか、メンバーの皆様、私たちファンを武道館に連れて行って、なんて言葉が頭に浮かぶ。

 

 

私が足を運んでいるバンドの中でも、特に優しそうなファンの方が揃っている様に感じた。

聴き方も、歌をしっかり聴いて、曲間で拍手する感じ。

彼等の音楽性にぴったりの良いファンを掴んでいるなぁと感じた。

 

 

最後は360パノラマ画像での写真撮影。

私もしっかり写ることができた。

 

セットリスト

 

【音楽図鑑】The cheserasera / dry blues

初めて聴いたアルバムがどれだったのか覚えていないけれど、わずか数カ月のうちに彼等のこれまでのアルバムをすべて聴いた。

すぐに好きになり、なんでこのバンドが売れていないのだろうという単純な疑問が湧いた。

理由はみつからなかった。見付けようとするとあら探しになってしまった。

例えば曲の一番盛りあがるところで「日進月歩!」って、それじゃシャウトしづらいでしょ、、、とか。

けれど、彼等よりずっとセンスもテクニックも無いバンドが、もてはやされている世の中!

一定のレベルをクリアしても売れるかどうかは別問題。絶対に売れる作品を作るためには、唯一無二の作品がつくれないといけないのかな、なんてことまで考えてしまった。

その状況って、きっとかなり厳しい。

しかし今回のアルバム「 dry blues 」のすばらしい疾走感。

今までに無いほどサウンドと歌詞が一体になっている。

聴いているだけで何度も涙が出そうになる。

聞くところによると、今回のアルバムは再びインディーズに戻っての発売らしい。

大正解!

メジャーに縛られていたのか、それとも自己表現よりも作品としての完成度を意識する方向へ気持が向いたせいなのか。

誰が聴いても感動できる楽曲群がそこには並んでいる。

勝手に全曲解説したいくらい。

11曲目のgood morning なんて 尾田栄一郎が「頼むから ONE PIECE の主題歌に使わせてほしい」と頭を下げてきても良いくらいの傑作だ。

1~4曲目でまず一度泣き、6、そして8曲目のBlues Driverで二度目の涙(音よりも速いスピードで~なんて歌詞の乗せ方今までしてなかったし )、そしてラストの11。

本当に久しぶりに、こんなにも頭の中にメロディーが勝手に浮かんでくるアルバムに出会うことが出来た。

こういうアルバムを聴くと音楽(芸術)の素晴らしさに改めて気づかされる。

日常と非日常、身のまわりに起こりそうなことを描きながら、初めて味わう感情を呼びさましてくれる。

それは音と言葉で紡ぎだされる、生活しているだけでは気づくことの出来ない「豊かさ」。

こんな作品がつくれるなんて、本当にうらやましい。

CD特典のDVDには、PVとあわせてインタビューも収録されているが、なんだかお金に困っているらしい。

このアーティストがこれからも素晴らしい活動を続けてくれる様、ずっと応援していきたい。

さて、ワンマンのライブが楽しみだ。