【音楽図鑑】 mitchell froom / dopamine

ミッチェル・フルームは知らなかったけれど、ゲストミュージシャンの顔触れに惹かれて購入。

ウルヴィス・コステロとの仕事などで有名なチャド・ブレイクがプロデュースしている。

ミッチェル・フルーム自身もプロデューサーらしいです。

調べて驚いたのですが、スザンヌ・ヴェガの元旦那さんだったのですね。

今作にも登場している彼女ですが、blood makes noise などの迷走期の音をここでも聴かせてくれています。私は嫌いじゃ無いのですが、foetusとコラボレーションした時から何を間違ってしまったんだと驚いたものです。この人の影響だったのかも知れませんね。

参加ミュージシャンは豪華で、アルバムの内容より、この情報で手を伸ばしたくなる方も多そうです。
David HidalgoLos Lobos), M. DoughtySoul Coughing), Lisa Germano, 
Suzanne Vega, Sherlyl Crow, Miho Hatori

曲調は全体的にどことなく妖しく、今の所、凄く良いと感じる楽曲はありませんが、全体的に雰囲気は良いです。
エスニック風を基調にしているものの、なかには電子音が多用されている曲などもあったりします。

参加ミュージシャンが自信を活かしているというよりも、ミッチェル・フルームの枠に嵌められている感じです。

ジャケットも印象に残ります。