Category Archives: 音楽図鑑

【音楽図鑑】YEAR OF THE RABBIT / YEAR OF THE RABBIT

 

かなり売れそうな音を聴かせてくれます。

サビに次ぐサビといった感じで、どうして売れていないのだろうとさえ感じるほど。

アルバムの後半は、自身らの嗜好に近いのか、やや落ちついた音を聴かせてくれています。

レコード会社(エレクトラ)の経営上の問題で活動休止となってしまった不運のバンドの様です。

続けていたら多くのファンを獲得したことでしょう。

【音楽図鑑】 mitchell froom / dopamine

ミッチェル・フルームは知らなかったけれど、ゲストミュージシャンの顔触れに惹かれて購入。

ウルヴィス・コステロとの仕事などで有名なチャド・ブレイクがプロデュースしている。

ミッチェル・フルーム自身もプロデューサーらしいです。

調べて驚いたのですが、スザンヌ・ヴェガの元旦那さんだったのですね。

今作にも登場している彼女ですが、blood makes noise などの迷走期の音をここでも聴かせてくれています。私は嫌いじゃ無いのですが、foetusとコラボレーションした時から何を間違ってしまったんだと驚いたものです。この人の影響だったのかも知れませんね。

参加ミュージシャンは豪華で、アルバムの内容より、この情報で手を伸ばしたくなる方も多そうです。
David Hidalgo(Los Lobos), M. Doughty(Soul Coughing), Lisa Germano, 
Suzanne Vega, Sherlyl Crow, Miho Hatori

曲調は全体的にどことなく妖しく、今の所、凄く良いと感じる楽曲はありませんが、全体的に雰囲気は良いです。
エスニック風を基調にしているものの、なかには電子音が多用されている曲などもあったりします。

参加ミュージシャンが自信を活かしているというよりも、ミッチェル・フルームの枠に嵌められている感じです。

ジャケットも印象に残ります。

【音楽図鑑】Colonel Blimp

 

 

Lo-Fiがあまり好きでは無い私にとって、このCDから音が鳴った瞬間の印象はあまり良いものではなかった。

 

それでも1曲目はやはり嫌いなのだが、2曲目以降はなかなか聴かせる。

 

Lo-Fiなのか、使っている楽器がやや原始的でエスニックなものなのか、どちらなのだろうと考えている内に、おや、もしかしてアシッド?なんて考えも想起する。

本格的にジャジーなフレーズも聴くことが出来る。

アンビエントだけれど、使っている音がキッチュだから、静謐な感じはしない。

そして、最後の曲は20分を超える大作で、しっかり聴くことが出来るけれど、ややキモい低音男性ボーカルの使い方など個性的。

 

しっかりと個性を打ちだした良いアルバムだと思うけれど、メンバーは売れる気など無いのだろう。

 

ちょっと検索してみたが、どういったバンドなのかやはり不明。

 

イギリスのコミックキャラクターや、映画などに同名の登場人物がいるらしいので、バンド名はそこから取ったのかもしれない。

【音楽図鑑】 ALBERTA CROSS / BROKEN SIDE OF TIME

 

5ピースのロックバンドらしいのだが、楽曲からはそんな感じを受けなかった。

 

むしろ押し殺し気味でエモーションナルなボーカルを中心にして少人数でバンドが構成されている感じ。

 

イントロ部分などで自己主張が強く派手なサウンドを聴かされると、つまりバンドっぽいサウンドを聴かされると、おや?といった気分になってしまう。

そのため、そのまま楽曲に流れこんでしまっている曲では、残念な雰囲気がただよいます。

 

後半に多いどちらかと言えばややアンビエントな味わいの楽曲、気怠さを孕んだボーカルの後ろで控え目に鳴る音の潰れまくったギターがフィーチャーされている曲はかなりのマイフェイバリット。

 

オアシスのノエル・ギャラガーがオープニング・アクトを依頼したこともあるらしい。

 

1曲目も良いけど、後半の雰囲気でアルバム全体がまとまっていたら、かなりの名盤になっていたのではないだろうか。

【音楽図鑑】Too Much Joy / CEREAL KILLERS

耳に残るけれど、なんだかレビューしにくいアルバム。

まず、このポップなジャケットにもかかわらず、タイトルは「連続殺人鬼」を少しもじった「穀物殺人鬼」。

バンド名のToo Much Joyからすれば、これもジョークと言うことか。

 

メロディの乗せ方にXTC風のポップさがあるものの、なんかオヤジっぽい歌声。

曲調は違うけれど、日本のウルフルズみたいな感じなのか。元気出せ!みたいな。

あまり世界的なヒットを出さないどこか知らない国で実は大流行なんて言われたら、ちょっと納得する感じ。

【音楽図鑑】 →Pia-no-jaC← 10th Anniversary 組曲『Diggy-MO’』

渋谷 duo MUSIC EXCHANGE で行われた →Pia-no-jaC←  とDiggy-MO’の対バンライブに足を運んだ。

目当てはDiggy-mo’だ。

SOUL’dOUT解散以来、音源は聴いていたものの、ソロのライブは初めて見た。

 

 

それというのも大掛かりなツアーをおこなうわけでも無いため、かなり注意していないとライブ情報の入手が遅れてしまい、気づいた時には売り切れてしまっていたことが多かったからだ。

 

今回のメインは→Pia-no-jaC← とはいえ、Diggy-mo’貫録のライブであった。

 

通常のバンド構成が分からないのだが、ドラム、ベース、キーボードという編成や、奏でる音色から、対バンの→Pia-no-jaC←に寄せているのでは無いかと思われた。

 

これがまた良いのである。

ラップというよりもジャジーなライブ。

ラストの Baysside Serenadeなんて、あの曲がこんなに格好良くなってしまっているのと驚いた。

 

wham のケアレスウィスパーや 岡村靖幸のカバーなど、盛り沢山。どっちのファンが喜ぶのか疑問でしたが………、私は楽しめました。

 

次はベストアルバム後のライブ!必ず足を運びたい。

 

そして→Pia-no-jaC← こちらはシンセとパーカッションのユニットで活動10周年だそうだ。

正直なところ、新しさを全く感じることは出来ず、演奏もYOUTUBEの音源を上まわることは無かった。

もう少し音に個性が欲しいところである。

 

 

 

【音楽図鑑】 CASCADE 結成25th Anniversary Year Vol.3 「VIVA NICE TASTE」

 

久しぶりの新宿ロフト。

初めて足を運んだCASCADEのライブはなんと女性だらけ。おそらく300人ほどの来場者の中で、男子は10名前後か。

 

開始早々男子から声が飛ぶ「人時~!」なんと、声援の相手はサポートギタリストで黒夢の人時。じゃぁ純粋にカスケードを見に来た男子は何人なのか。ちょっと気に掛かった。

ドラムのHIROSHIじゃないのかよと思ったけれど、もちろんメンバー全員への声援もとても大きかった。

 

ライブはとても素晴らしかった!

ボーカルのTAMAも個性的な高音をキープしていた。

思いおこせば25年前から聴きたかったMASASHIのギターは期待を裏切らなかった。

もっと早く聴いておけば良かった。

持っているCDだと結構控え目に鳴っている気がするな。

 

 

ARTO LINDSAYをライブで初めて聴いた時、自分が彼を好きな理由は彼が出す音(ノイズ)そのものなんだなと感じたが、MASASHIのギターも大好きな音を出していた。

彼の場合はフレーズも素晴らしい。

日本で数本の指に入るニューウェーブギタリストだというこれまでの考えは確信に変わった。

 

近年見たライブの中で、楽しさランキングで言えばかなり上位に入るライブ。

曲がみんなポップで、きっと曲を知らなくてもすぐに乗れる。

こんな楽しいライブを、アーティストと非常に近い距離で見ることができるなんて贅沢だなと感じた。

 

11月には渋谷で25周年のファイナルを飾るらしい。

 

CD揃えていこうかな。

 

 

【音楽図鑑】ATLAS GENIUS  /  WHEN IT WAS NOW

最近若手の良いバンドをよく見つける。

とはいっても、今流行っていたりするわけでは無く、たまたま私が今見つけただけだ。

 

このバンドもそう。

2013年のデビューアルバムらしく、当時のU.S.インディチャートではなかなか上位にランクインしたシングルも収録しているらしい。

 

わたしには 「’10年代のJESUS JONES」といった感じで、新しめの音を使いながら、打ち込みなどのテクノロジーをうまく取りいれた好バンドに思えるのだが、それほど売れてはいないみたい。

 

今も活動しているのなら是非頑張って欲しい。

 

【音楽図鑑】Public Image Ltd / EX Theater Roppongi

待ちに待った来日公演。
そして前回よりも客が入っている様だ。
私よりも年上の方が多く、なによりもタトゥー率が高かった。
P.I.L.もパンクとして受けとめられているという事なのか、それともジョンがパンクのアイコンだからなのか。
前回の公演と比べると40周年という事もあってか、過去作品から万遍なく選曲された楽曲群。
  1. Warrior
  2. Memories
  3. The Body
  4. The One
  5. Corporate
  6. The Room I Am In
  7. Death Disco
  8. Cruel
  9. I’m Not Satisfied
  10. Flowers of Romance
  11. This Is Not a Love Song
  12. Rise
  13. Public Image
  14. Open Up
  15. Shoom

なんといってもleftfieldのカバー「OPEN UP」!この曲はいつも最高だ。

前回のライブでラストに演って受けが良かったからか。

オリジナリティー、演奏の巧みさ、やはり彼等は良いバンドだ。

そして今回はなによりも、ジョンライドンの衣裳がきちんとしていた。これも40周年だからか。

 

【音楽図鑑】 P.I.L(Public Image Ltd) / WHAT THE WORLD NEEDS NOW…

前回の来日後ほど無くして発売された今作。

P.I.L.の新譜は発売後すぐに買うことにしているわけではないため、再来日が決まった今回ようやく購入しました。

やはり良いですね。

年月を重ねることで確実にレベルアップしているバンドが目だつ昨今、当時ライブに足を運ぶことの出来なかったバンドを見ることができるのは本当に嬉しいことです。

既成概念にとらわれることなく曲を書く稀有な存在。ポストパンクの彼等と、オルタナのスマッシング・パンプキンズになんとなく共通点を感じます。

ライブが待ち遠しい。