Category Archives: ハーバルホーム社長の湯淺です。

【音楽図鑑】The cheserasera / dry blues

初めて聴いたアルバムがどれだったのか覚えていないけれど、わずか数カ月のうちに彼等のこれまでのアルバムをすべて聴いた。

すぐに好きになり、なんでこのバンドが売れていないのだろうという単純な疑問が湧いた。

理由はみつからなかった。見付けようとするとあら探しになってしまった。

例えば曲の一番盛りあがるところで「日進月歩!」って、それじゃシャウトしづらいでしょ、、、とか。

けれど、彼等よりずっとセンスもテクニックも無いバンドが、もてはやされている世の中!

一定のレベルをクリアしても売れるかどうかは別問題。絶対に売れる作品を作るためには、唯一無二の作品がつくれないといけないのかな、なんてことまで考えてしまった。

その状況って、きっとかなり厳しい。

しかし今回のアルバム「 dry blues 」のすばらしい疾走感。

今までに無いほどサウンドと歌詞が一体になっている。

聴いているだけで何度も涙が出そうになる。

聞くところによると、今回のアルバムは再びインディーズに戻っての発売らしい。

大正解!

メジャーに縛られていたのか、それとも自己表現よりも作品としての完成度を意識する方向へ気持が向いたせいなのか。

誰が聴いても感動できる楽曲群がそこには並んでいる。

勝手に全曲解説したいくらい。

11曲目のgood morning なんて 尾田栄一郎が「頼むから ONE PIECE の主題歌に使わせてほしい」と頭を下げてきても良いくらいの傑作だ。

1~4曲目でまず一度泣き、6、そして8曲目のBlues Driverで二度目の涙(音よりも速いスピードで~なんて歌詞の乗せ方今までしてなかったし )、そしてラストの11。

本当に久しぶりに、こんなにも頭の中にメロディーが勝手に浮かんでくるアルバムに出会うことが出来た。

こういうアルバムを聴くと音楽(芸術)の素晴らしさに改めて気づかされる。

日常と非日常、身のまわりに起こりそうなことを描きながら、初めて味わう感情を呼びさましてくれる。

それは音と言葉で紡ぎだされる、生活しているだけでは気づくことの出来ない「豊かさ」。

こんな作品がつくれるなんて、本当にうらやましい。

CD特典のDVDには、PVとあわせてインタビューも収録されているが、なんだかお金に困っているらしい。

このアーティストがこれからも素晴らしい活動を続けてくれる様、ずっと応援していきたい。

さて、ワンマンのライブが楽しみだ。

Amazon Music/吉川 晃司 RAIN-DANCE がきこえる

年代を句切ったベスト盤が発売されたらしいです。

https://music.amazon.co.jp/albums/B073FPF2GH?trackAsin=B073FLCGM4&ref=dm_sh_xTIij1b45ou6k38QNv6yBXqva

あー懐かしい。

君がくれた 言葉の 「か!」んぶんは!

って唄ってますね。

美ら海水族館

沖縄旅行で美ら海水族館に立ち寄りました。

立ち寄ったと言っても、その日の午後に到着した飛行機から降りると、予約してあったレンタカーを借り、水族館へ行くためだけに片道2時間ほどの距離を往復した事になる。

 

 

ジンベイザメに会えた!

 

おおきい!

 

この水族館はもうジンベイザメにつきる!

 

こんな角度でも見ることができる。

 

エビや

亀もがんばっている。

 

マナティー館に入ろうとせがむ子どもに、

「そこはさっき行って何にもなかったでしょ!」と叱るお父さんの声が印象的だった。

逆に興味をそそられ入ってみたが、何となく分かる気がした。

 

ちょっとグロい展示もあり。

 

水族館から眺める海もとてもきれい

 

 

それにしてもこの建物、バブルを感じさせる。

宮殿か!

 

横に録ってしまったインスタグラム

美ら海水族館

 

小松美羽展 「神獣~エリア21~」

先日東京ガーデンテラスにて開催された小松美羽さんの個展に足を運びました。

母校に程近い紀尾井町にこんな建物が出来ていたことにまずは驚きました。

入口に書かれた挨拶文には、彼女が抱える心のいびつさに加え、ヒトとしての異質さが感じられ、これは私にとってとても嬉しいことでした。
期待を裏切られない感じ。

今回の個展は、タイトル通りいつも以上に神獣にフォーカスされていた。

前回以上に力強い。

21の神獣というテーマを与えられたことで、創作に集中できたと言うことかもしれない。

念願のライブイベントを見ることが出来た。

整理券の入手は叶わず、別会場にてパブリックビューイングとなったものの好奇心は十分に満たされた。

神秘的なことを口にし中途半端なアートを生業としている方を見掛けることが多いけれど、彼女は違う。

彼女の場合は芸術家であり、かつ巫女(表現が適切かどうかはわからないけれど)、むしろ巫女である割合の方が多い様にさえ感じさせられる個展だった。

セキスイハイム 住まいの生産工場見学会 に参加しました。

4月から5月にかけて住宅展示場にモデルハウスをもっているハウスメーカーで建築なさったお客様が随分続いたため、ハウスメーカーさんについても知識を深めなくてはいけないなぁと感じていました。

タイミング良くセキスイハイムさんにお声掛け頂いたため、工場見学会へ参加させて頂くことが出来ました。

 

 

工場は東北自動車道 蓮田S.Aのすぐ近くにありました。大きさにびっくりです。

インスタグラムでご覧下さい。

各地から大型バスが40台ほど集まっていました。

このイベントを毎月開催しているとは凄い!

 

 

 

 

施設内では大地震や暴風雨を体験しながら、災害に強い建物の重要性をあらためて認識することが出来ました。

※阿部寛さん、声での登場有り!

 

セキスイハイムさんが住まいを工場で生産している過程を見学すると、雨風にさらされ気象条件に影響を受けながら屋外で建築するよりも、ミスや不具合が大幅に減りそうだということを実感できました。

その想いは「全ての住まいを100点満点で作りたい」という言葉に表れていた様に思います。

分譲住宅などをご検討中の方にも参考となりそうなことがたくさんありました。

 

 

残念ながら施設内は写真撮影禁止と言うことで、くわしい画像でご紹介することは出来ませんが、住まい作りを考えるとき、ひとつのアプローチとしてご検討なさってみると良いのではないでしょうか。

 

ハウスメーカーご紹介シリーズは、今後続けていきたいと考えています。

ご期待下さいませ。

 

台湾料理 嘉宴楼

忙しい毎日、お店に入ってランチなんてなかなかできませんが、久し振りの台湾料理。

出てくるのが、早い!

今日は酢豚ランチ ラーメンつき 680円です。

酢豚があとから出てくる感じ

酢豚

手書きのランチメニュー。

消されてるのは海鮮シーフードかな?海鮮海鮮。
なかなか良いランチでした。

住所            :上尾市大谷本郷704-1

営業時間 : ランチ 11時~15時  ディナー 17時30分~24時

URL   :       https://tabelog.com/saitama/A1104/A110401/11028798/

マリメッコ展

少し前になりますがゴールデンウィークに、ファッションブランド マリメッコの魅力を伝える展覧会に足を運びました。

本当はすぐ隣で行われているフェスに行きたかったのですが、同行者の同意が得られませんでした。

様々なファブリックが展示されていましたが、結果的にブランドが迷走していることを伝えてしまう様な内容だったのではないかと感じました。

昔の方が、デザインと主張が合っていた様に思いました。