Category Archives: ハーバルホーム社長の湯淺です。

県展 / 埼玉県立近代美術館

弊社の杉本さんが県展に入選したので、足を運んでみました。

杉本さんは弊社にて、新築物件の完成写真や、中古の室内写真を担当しているのですが、様々な展覧会で入選経験のあるカメラマンなのです。

牧歌的なとても良い作品でしたが、御本人はそれほど納得なさっていらっしゃらないようなので、あえて写真は掲載しませんが、足を運ばれた方はぜひご覧くださいませ。

企画展としてMOMAS COLLECTIN 第一期という収蔵作品展が開催されていた。

面白い展示でしたが量が少なく少し残念でした。

入場料金100円だから仕方ないか。

屋外の彫刻なども素敵ですよ。

21世紀の美術 タグチ・アートコレクション展 / 平塚市美術館

「21世紀の美術 タグチ・アートコレクション展 アンディ・ウォーホルから奈良美智まで」と題された美術展に足を運んだ。

平塚市美術館、辺り一帯は行政施設が集約されている様だ。

 

 


まずはユニコーンがお出迎え。これは常設なのだろうか。

 

 

企画展の入口には大きな作品が展示されていた。

 

この絵が最も印象に残った。

 

 

 

出口にはこんな作品も。

 

 

 

中庭の作品にも惹かれました。

 

 

岡村桂三郎展

大きな木を用いたアートでしたが、こちらの企画展にはあまり興味を持てませんでした。

 

 

館内に配された彫刻にも趣あり。

 

良い展示でしたが、受付などの雰囲気が美術館というよりも、複合施設といった感じで、なんとなく落ちつかない印象を受けました。

21世紀の美術は面白かったのですが、もっと良くなりそうな、ちょっと勿体ない美術館です。

 

ヌード NUDE 英国テート・コレクションより / 横浜美術館

やはり横浜美術館は凄いですね。


企画展も良かったけれど、常設展も素晴らしいものでした。


ロダン 接吻

企画展はこれだけ撮影O.K.でした。

切り口、見せ方ともに充実していました。

モンドリアンの様な展示がありました。

近くで見ると、お部屋の間取りですね。

彫刻も素晴らしいものが多かったです。

最後のこれ!しびれます。

 

 

この美術館、以前は建物の前が水場だった様な気がしますが、無くしてしまったのかな。

【音楽図鑑】 P.I.L(Public Image Ltd) / WHAT THE WORLD NEEDS NOW…

前回の来日後ほど無くして発売された今作。

P.I.L.の新譜は発売後すぐに買うことにしているわけではないため、再来日が決まった今回ようやく購入しました。

やはり良いですね。

年月を重ねることで確実にレベルアップしているバンドが目だつ昨今、当時ライブに足を運ぶことの出来なかったバンドを見ることができるのは本当に嬉しいことです。

既成概念にとらわれることなく曲を書く稀有な存在。ポストパンクの彼等と、オルタナのスマッシング・パンプキンズになんとなく共通点を感じます。

ライブが待ち遠しい。

【映画三行コメント】ハンガー

スティーヴ・マックイーン監督による北アイルランド紛争における政治犯が英国でどの様に処遇されていたかを知る社会派作品。

セリフのないほぼ無音の場面が目だつなど、映像や描写にもこだわりが感じられる。

良い。しかしグロい。血じゃなくてグロい。だからもう見ることは無いと思う。


監督。勿論あのスティーヴ・マックイーンではない。

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

国立西洋美術館で、プラド美術館展を見た。

学芸員課程を専攻していたときに、西洋美術の講義をよく取っていたので、このあたりは随分見ているのだが、さすがにプラド美術館展となると大作揃いだった。

写真撮影できるところは残念ながら無かったので、ベラスケスが好きな方、是非足を運んでみてください。

 

 

 

 

さて、企画展の話はこれくらいにしておいて、

西洋美術館は、常設展がいつも素晴らしい!

昔はよく常設展だけ見に来ていた。

今回は、新規収蔵作品が随分多く、また見ごたえがあった。

しかも、撮影はダメと書いてある作品以外はすべて撮影可能!

 

マネのモデルでお馴染みベルト・モリゾの新規収蔵作品。

 

小部屋でミロやカンディンスキーのミニ企画展が開催されていた。

この小部屋の規格はいつも素晴らしい。

 

 

出口付近には比較的時代の若い作家のコーナーが、ここが一番のお気に入り。

充実した一時を過ごすことが出来ました。

大したことの無い美術館の企画展にわざわざ出掛けるくらいなら、西洋美術館の常設展を見た方がよほど良い。
一般わずか500円。

 

 

プーシキン美術館展 ー旅するフランス風景画

なかなかの作品揃い。

ポスターなどではモネの「草上の昼食」がピックアップされている。

マネの影響を受けたこの作品も素晴らしいがアンリ・ルソーの「馬を襲うジャガー」のインパクトが強かった。

出口付近は、この作品一色。

ビュールレ 至上の印象派展

会場にコレクターのつとめは、そのコレクションからなにかが感じられること、みたいなビュールレからのメッセージがあった。

日本人だとセゾングループの堤義明を思い出した。

彼らは企業美術館の入口に胸像を飾るような目的で作品を収集していたのではないと思う。

ビュールレのコレクションは色彩にあふれていた。

モネも。

確かにイレーヌは偉大な作品だと思うけれど、この作品展の主役はマネやモネだった。

ドガの彫刻も忘れられない。

ルドン 秘密の花園

色彩で魅せるルドンといった感じかな。

花の絵はとても可愛らしかったけれど、

私はやはり黒が好きでした。

図録も電子書籍化!

自由に拡大できて良さそうだったけど、

肝心の2ページ見開き写真になると、真ん中に真っ白な綴じ白が、、しかも幅広。

まだまだこれから。